Macintosh

やっぱり気になるM1搭載Macの実際のところ

このところMac界隈を騒がせているApple M1チップ搭載のニューモデル。最低スペックのMacBook Airでも16インチMacBook Pro(intel Core i9)並なんて触れ込みで、ここ1,2年でMacを買い替えた全ユーザーに喧嘩を売るかの様なスペックらしいのだけど、さて実際はどんなもんだか。数ある検証動画の中でもこの動画がわかりやすかったかな。
 
この検証で使用されている動画編集ソフトのDavinci Resolveに関して言えば、確かに16インチ並、場面によってはそれ以上の使用感になっている気がする。Corei9で32GB積んでたって、GPUが8GBだって、あんなにスムースじゃない事もしばしば。ポイントはCPUとGPU、あともちろんメモリなど全て引っ括めた性能資源の使われ方にありそう。簡単に言うと今までより効率良く使っているため、限られた性能資源でも、処理能力が発揮される限界値が高い。
意外だったのは、懸念されているメモリ容量が最大でも16GBである点に関しては、M1の場合は今までとは異なる使われ方をするため、単に今までと容量での比較はできないという事。8GBでこの動画並に動いてくれるのなら、出先での作業には十分な印象かな。
 
ちなみに別の動画では16GB搭載機で同じ作業を試しているのだけど、ことDavinci Resolveに関しては殆ど差は感じられない。8GBで若干つまずいた少々重い作業(多重にエフェクトかけた状態での編集)を、16GBなら、と期待していたところ、それに関しては改善されなかった。ただおそらくそれはアプリを単体で使用する場合の話で、複数を同時に使うような場面では、やはりメモリが多いに越したことはないはず。
あとはとにかく省電力で、重い処理をさせても筐体が熱くならず、バッテリの持ちがすごく良いらしいので、これは期待したいな。
 
しばらくは15(もしくは16)インチメインは変わらずだけど、次のサブ機には是非ともM1搭載機が欲しくなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です